ランジェリーショップの店員

基本的に仕事というのは男性がやっても女性がやっても大差は無いと思います。
よく、「女性のきめ細やかさ」という表現が使われますが、
女性の中には細やかな人もいれば、そうで無い人もいるので
ひとくくりでは片づけられないと思います。

ただ、客商売の場合、お客さんが女性ならば
接客する方も女性の方が良い気がします。
特に肌に直接触れる服飾物のたぐいは特にそうでしょう。
最も肌に直接触れるランジェリーショップなどは、その最たるものでしょう。
男性店員のいるところには決して誰も行かないと思います。
ランジェリーショップではベテランの女性店員の方が
接客の経験数も多い分、お客さんの体型を服の上から見ただけで
その人の下着のサイズが分かるようです。
その証拠に、お客さんにピッタリ合ったサイズを一発で持ってきてくれます。
あの正確さはさすがだなと思ったことが何回かあります。
しかも、直接肌に触って調整してくれるため、
これは絶対女性にしかできない仕事です。
お客さんの方も、男性店員に触られると分かっていて
店に足を運ぶ人はいないと思います。

経験を積めば積むほど勘と見立てに磨きがかかる仕事ではないでしょうか。
しかも女性にしかできない特殊な仕事だと思います。