女性の働き方について

人口減少社会に入ってる現在女性の労働力が活かされているとは言い難い状況になっています。女性が社会の中で貢献し収入得るために多くの困難な状況があります。出産育児などで前の会社から離れた後に再就職が難しく前よりも収入が減ってしまうことが多くキャリアがいかせないことがとてもつらいことです。今まで得てきたキャリアや仕事活かすためにも保育所のさらなる増加や企業内の保育施設の増加で育児の負担を減らすことが女性がさらなるキャリアの形成に有効になり仕事の熟練度もあがり能率も上がるのです。今まだ生かされていない女性の仕事の能力大幅に上げることができれば人口減少の中で貴重な労働力を得ることができ成熟した大人の社会をつくることができるのです。