社会の一員として女性への理解

女性の社会進出、という言葉も耳慣れて結婚や出産、育児に左右されることなく働く女性は珍しくありません。また、結婚せずに自由に仕事を楽しむ女性も増えています。様々な生き方、生活スタイルが広く認められるようになった今、女性の仕事や働き方にも多くの理解や形が求められるのではないでしょうか。 女性がキャリアを重ね、男性と同等に力を発揮することができる環境と理解が必要なことは認められつつあるように思われます。一方で結婚や出産を期に、家庭に重点を置きながらも安心して働くためには、やはり広い理解と支援が必要になります。 女性の働き方としては一見対局にも見えますが、どちらも社会や企業を構成する一員としては欠かせない女性の仕事スタイルであり、労働力の確保、少子化問題が叫ばれる中では必要なことなのではないでしょうか。

コメントを残す