カテゴリー別アーカイブ: 未分類

供が小さいうちはやはり仕事はできるだけ節制したいのです!

子供がいない夫婦共働きならばどんどんと働くのも大切だと感じますが、
実際に子供を出産したらなるべく仕事はセーブをして子育てを1番に考えて
生活がしたいなと思う私です。

ですが、どうしてもという場合は子育てが変わらず1番で、そして2番目に
仕事という精神でフルタイムではない仕事を選ぼうと考えます。

子供が小さいのは本当に人生の中で一瞬の間でもあります。せっかく
かわいい時代に自分が育てないと私的には損をしてしまった気持ちに
なるのです。

収入的には満足いかなくなったとしてもできる限りはセーブをして
関わりながらできる仕事を一生懸命探して仕事をしていきたいなと
思うのです。

お金では買えないものもたくさんあると思っているので、仕事、
仕事に明けくれる日々を過ごすのだけはやめようと決めて子育て
をしている私です。

職種いろいろ、多様性あふれる

最近九州のJRでは女性の運転手が増えてきているようです。少し前までは車掌も女性を見かけることが珍しかったのに、やっと女性も運転手の試験を受けられるようになったんだと感じます。
私がJRに入社して駅に着任した時は、女性トイレも仮設で慌てて作ったようなロッカールームでした。
今はどこまで改善されているのか分かりませんが、女性を受け入れようとしている会社の姿勢には好感が持てます。
この仕事は男性、女性など区別があまりなくなっているような気がします。
保育施設に男性が保父さんとして働いているのが定番になってきているので、自分の能力や興味があることで仕事を選べるのはいい時代だなと思います。

女性は結婚、妊娠と区切りが多く、なかなか働き続けるのが難しいですが、なかには小物作家のように服飾や雑貨を家で作って、ネットや雑貨屋に売って収入を得るという手もあるようです。
これも一つの働き方だと思います。

子供がいる女性も安心して働くには

近年は女性でも社会に出て働く事はかなり増えてきています。女性という人材を活用する事によって、企業や会社にとって新しい風を吹かせる事ができ、これまでに出てこなかった意見や考えが生まれる可能性があります。ただし女性の中には、子供がいる女性も少なくありません。子供がいる女性も安心して仕事する事ができるように、あまり残業を増やさないようにしたり、定時に仕事が終わりになるようにするなどが必要です。それによって、子供がいる女性も安心して仕事を行う事ができるようになります。子供にとって母親という存在はとても大切な存在です。家事と仕事どちらも両立する事ができるように、企業や会社側も色々と改善しなくてはいけません。

シングルマザーの仕事事情

シングルマザーとして仕事をしていく中で、子育てと家事との両立が必須条件です。子供が小さいうちは保育園などに預けて働きますけど、子供の急病などにより仕事を休まなければいけないなど、職場での立場が悪化してしまう場合もあります。雇用してくれる側に理解があってもなかなか思うように働けなかったりします。そんな中1番の強みは資格になります。自分がどのような仕事がしたいのか、どんな仕事が出来るのか、それに合わせて資格を持っていると、条件の幅や就職先の幅が広がります。四角を取得する為に学校へ通わなくても今の時代、通信やPCなどでいくらでも勉強は出来ます。ただ、その為には自分の意志の強さが重大です。

育児と仕事を両立させるためには?

女性が働くようになってからは、生活に多様性が出てくるようになりました。
仕事に生きる人や早く結婚して専業主婦として働く人。
今は、扶養の範囲内でパートをしながら家事をする女性が多いかもしれませんね。

仕事も家事も、そして育児も両立するには、企業や政治内での対策が必要になり、
待機児童の多い今の日本では、仕事と育児の両立も難しくなってきています。

子どもを持ちたいと思う女性本来の気持ちを尊重し、
国全体で子どもを育てる環境作りができれば
女性も働きやすくなるのではないでしょうか。

すべての女性が育児と仕事を両立し、
実りある生活を送れるようになってほしいものです。

女性の仕事の転機は二つある

女性には仕事の転機になる大きなタイミングが二つあります。結婚と出産がそれにあたり、女性はその都度仕事を続けるか否かの選択を迫られることとなります。
かつてに比べれば、現在は女性でも随分働きやすい仕組みが整ってきたといえます。ただしそれに関わる人間の意識がまだまだ発展途上にあるので、より快適に仕事を続けようとするならば、休暇がとりやすく復職がしやすい環境を求めていかなければなりません。
もし速やかに復職を行いたくて、しかし今いる職場には仕組みが十分でないと思うのなら、休暇をとる前に転職してしまいましょう。もっと女性に優しい職場を探して、そこで育児休暇をもらえるかどうか検討してみましょう。
一度子供を抱えてしまうと、一から復職というのはかなり難しくなってしまいます。できる限り先に新しい職場を決めて、スムーズな移行にのぞめるように努めたいですね。

女性の仕事

女性が働ける場所がもっと増えると良いと思います。

これからは男性が多かった職場でも、女性がもっと活躍出来ると思います。
現在でもかなり増えてきたとは思いますが、まだまだ男性上位の職場が多いと思います。

男性に比べて体力面では劣るかも知れませんが、女性ならではの視点や考え方など、男性では気づかない部分もかなりあると思うので、その点を生かして行くことが出来れば、女性の活躍の場がもっと広がると思うし、企業側にもメリットがたくさん有ると思います。

とはいっても、まだまだ女性は男性の補佐的な仕事が多いと思うので、企業側も女性を登用していく社風や意識改革も必要だと思います。
女性側も挑戦していく気持ちが必要だと思います。

 

 

出産後の女性の働き方について

出産後はどうしても働き方が変わってしまう女性が多いと思います。それまで働いていた会社で、産休を取得出来る人はとても増えています。でも、実際に産休、育児休暇明けに仕事復帰するのはとても大変です。
まず、保育園を見つけることが困難でしょう。待機児童が多い地域ならなおさらです。保育園をやっと見つけて、高い保育料を支払って働くのはとても大変なのです。でも、今はそのような夫婦共働き世帯はとても増えています。
共働きこそが、今の産後の女性の働き方なのかもしれません。産休育休を取得出来る人は幸せかもしれません。なかなか条件的に産休を取らせてもらえない人も多いのが現状なのです。これからも女性は、子育てをしながら、しっかりと働く人が増えていくでしょう。

女性の仕事ほど多様なものはない!

女性の働き方ほど、多様なものはないでしょう。とくに最近は、男性のみの職場と思われていた職種にも、どんどん女性が参入しています。たとえば製造業の現場でも、女性ならではの視点や考えが売り上げにつながるとして、強く求められることもあります。

また、建設現場でも女性の現場監督が存在しています。女性ならではの気遣いが求められるのでしょう。いっぽうで、女性のなかには専業主婦という立場に憧れる人も多くなっています。不況のあおりで、そう考える人も少なくないでしょう。ただ、現実は家事や育児もかなり大変で、地味な作業です。

このように、女性の働き方は多様ですが、何を目指して仕事をするかという流されない姿勢が、いつの時代でも求められるかもしれませんね。

出産後の道

昨今、女性の社会進出が進んできています。しかし、それも限界のようなものが少しずつ見え始めているような気がします。というのも、女性は、出産という人生にとって大切な時期があるからです。出産の時期というのはどうしても仕事を離れなければなりません。独立して仕事をされている人は別だと思いますが、雇われの人は会社にそこまで迷惑をかけれないという人もいるでしょうから育児の期間も合わせれば長期の休暇ということになってしまいます。また、子どもの面倒をちゃんと見ていきたいという人の中には、仕事をいったん止めてしまうひともいるかもしれません。私は、必ずしも、子どもを産んだ後も正社員で働き続けなければならないとは思いません。それぞれのライフスタイルに合った自分なりの道を探せばよいと思います。