日本において他の国に比較して女性の社会進出が遅れている背景としては、恒常的に労働が長時間になっていることがあります

日本において他の国に比較して女性の社会進出が遅れている背景としては、恒常的に労働が長時間になっていることがあります。
いくら短時間で成果をあげたとしても、労働を長時間行っているような人が認められたり、定時後に大切な会議が行われて、大事な意思決定に加われなかったり、女性が短時間労働の場合にやる気をアップするためには難しい状況になっています。
しかしながら、女性の場合はこれまでは時間な制約があるということでしたが、これから5年以内に、男性の場合も介護の問題から時間の制約を受けながら労働する人が急増してくるそうです。
そのため、男性でも女性でも、短時間労働において高い付加価値のある結果を出すことができるような労働の方法に転換することが求められてくるでしょう。

 

コメントを残す